口下手で雑談が苦手

沈 黙が続くと気まずい



口下手で雑談が苦手だという人は多いようです。


インターネットの悩み相談のページにも
数多くの相談が寄せられています。



「雑談力」なる言葉も作られ、
雑談力のためのハウツー本までが出版されています。



雑談をする相手がよく喋る人ですと、
聞き役に徹するというのも苦手を克服
するための一つの方法かもしれません。



雑談というのは、両方が同じぐらい多く喋って
いると、 話が噛み合わなくなってしまったり、
相手が話しをよく聞いてくれてなかった、と
後から不満を覚えるケースがあります。



聞き役に徹するとはいえ、相手が話している内容を
しっかりと聞き、興味を持っているという相槌を打ち、
ときどき話の内容について質問をするなどの 配慮は必要です。



相手の話を聞いて、質問をする、
ただ それだけで雑談は成り立っています。



相手が会話に詰まってしまったときや、相手が
あなたと同じように口下手なタイプの方であれば、
毎日のお天気の話、交通渋滞の話、地元にできた
新しいお店の話題、朝のニュースで放送していた
トピックを話題にすると、相手を不快にさせたりは
しない 無難な会話がdけいると一般的には言われています。



話が苦手だと感じる方の中には、私が話を
しなくてはと 焦って空回りをしてしまう人も
おられますが、相手も話すのが苦手なタイプであれば、
あなたと同じことを相手も考えているということです。



何か喋らなくては、 沈黙が続くと気まずいなど。



そういう場合には、先にあなたの方から、

「実は私は口下手でして、飲みの席でよくボーっと
してると上司に怒られてしまうんですよ、退屈させて
しまっていたらごめんなさいね」

と先に断りを入れることで、相手も安心して、
沈黙なりのんびりとしたリラックスした空気を
感じてくれることでしょう。



雑談の目的は、話す内容ではなくて、
リラックスした雰囲気を作るという目的もあります。



口下手で雑談が苦手な人も、相手をリラックスさせる
という目的だと考えてみると、気負いせずに相手と良い
時間を過ごせるようになるかもしれません。

メルマガ『口下手克服法』口下手になってしまう本当の理由と克服法
メールアドレス ※

このページ の先頭へ

日本の物価