口下手とあがり症の関係

対 策には違いが



口下手というのは話すことが不得意、または
ものの言い方が下手なことを表しており。


あがり症というのは、他人の前だと緊張して
しまい、うまく話せない、顔が赤くなってしまう、
人の視線が気になってしまう状態になる人の事です。


口下手とあがり症は、 両方とも他人と話す事や、
大勢の前で話すスピーチなどの場面を苦手

している部分では同じかもしれません。



しかし、口下手を克服しようとする場合は、
話す順番を変える、結論を先に言って後から
説明を足すようにするなど、 話すテクニックを、
修正
をするのに対し、あがり症は、対人の恐怖心を払う、
視線が気にならないように自己暗示をかけるなどの、
精神的な面でも克服や治療が必要なものです。



あがり症の人に、話すテクニックを伝えても、
顔が赤くなってしまう恐怖や、視線が気になって
頭が真っ白になってしまうような状況は変わりません。



口下手とあがり症は似ていますが、
対策には違いがあります。



対人関係やスピーチなどでトラブルを抱え
悩んでおられる方は、自分は口下手なのか、
あがり症なのかどちらに当てはまっていて、
どのような対策をしていけば自分の納得のできる
スピーチなり、他人との会話がスムーズに流れるかを、
よく調べて検討してゆく必要がありそうです。

メルマガ『口下手克服法』口下手になってしまう本当の理由と克服法
メールアドレス ※

このページ の先頭へ

日本の物価