口下手とは

苦 労しがち


口下手とは、文字通り「口が下手」
つまり会話が不得意な事を言います。


会話がうまく出来ないという事は
思っていることを相手に伝えられない
などの場面が多くなります。



そのせいで誤解を受けたり理解されなかったりと、
人間関係の中でなにかと苦労しがちになってしまいます。



ですが、口下手といっても、
「声を出せない」タイプ
「会話を頭の中で組み立てられない」タイプ
とに分かれます。



例えば、面と向かって話す事はできなくても、
メールだと饒舌になる人がいますね。



これは、メールなら送信する前に何度も
自分の書いた文章を読み返して推敲し、
練りに練った上で送信する事ができるからです。



直接会話の場合は、口に出してしまった言葉は
もうデリートキーやバックスペースを押して
削除といった事はできません。


同じ文字による交流でも、チャットなどは
ある程度のスピードを要求されます。



推敲するまもなく送信する事で、
テンポよく会話が成立します。



メールなら交流できるという人は
「会話を頭の中で組み立てられない」、
チャットができるなら単純に
「声を出せない」タイプというわけです。

メルマガ『口下手克服法』口下手になってしまう本当の理由と克服法
メールアドレス ※

このページ の先頭へ

日本の物価